循環器内科|大阪市東住吉区の針中野駅より徒歩5分 - 医療法人森沢クリニック

〒546-0013 大阪府大阪市東住吉区湯里1丁目14-13
06-6704-5001
ヘッダー画像

循環器内科

循環器内科|大阪市東住吉区の針中野駅より徒歩5分 - 医療法人森沢クリニック

循環器内科

循環器内科

循環器内科では、狭心症・心筋梗塞、弁膜症、心不全、不整脈などの心臓の病気や、動脈瘤(りゅう)などの大動脈疾患、頸動脈や下肢動脈硬化など血管の病気の診療を行います。胸が痛い、息切れ、動悸がする、めまいや立ちくらみ、むくみがひどい、などの症状でお困りの場合は、早期の診断が大切ですので、まずご相談ください。循環器疾患のリスクとなる生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病など)にも対応しております。高血圧や動脈硬化のリスクが高い方では、血液検査、心電図検査、心エコー検査、頸動脈エコー検査などにより、動脈硬化のリスクと進行の程度を把握し、その予防に努めます。また重症例に対しては、外来での造影CT検査などを連携病院にて行います。当院では他院でペースメーカーの手術をされた患者さんのその後の経過観察もさせていただきます。ご希望の方は是非ご相談ください。

当院で診察した結果、より詳しい検査や高度な治療が必要な場合は、総合病院や大学病院へご紹介させていただきます。

こんな症状はご相談ください

  • 胸が痛い・圧迫感・胸を締めつけられる感じがする:動脈硬化が進むと、心臓の表面を走っている冠動脈の内側にプラークというゴミのようなものが付くことがあります。プラークがどんどん大きくなると血管の内腔が狭くなり、血液が流れにくくなります。このように血液の供給が足りない状態を虚血性心疾患といい、狭心症や心筋梗塞があります。
  • 階段や坂道を上がると胸が苦しくなる:運動をすると心拍数が上がります。この時、心臓に血液を供給する冠動脈が細くなっていると血が足りない状況となり、胸痛という症状として自覚されます。運動したときに胸が苦しくなる場合は労作性狭心症の可能性が考えられます。
  • 以前より運動をして息切れがひどくなった:運動をすると全身に酸素を沢山供給しないといけません。全身への酸素供給が低下していると運動時に酸素不足となるので息が切れます(呼吸回数が増える)。このような状態は、次の①~③の状態で起こります。 ①心臓が弱っていて血液を全身に十分遅れていない。→心不全 ②肺で十分に酸素を取り入れられていない。→肺気腫等の呼吸器疾患 ③酸素を運搬する赤血球の量が足りていない。→貧血 
  • 夜中から明け方に胸が苦しくて目覚める:一般的に狭心症は労作時(運動したとき)に起こりますが、なかには珍しい種類の狭心症があり、冠攣縮性狭心症といいます。これは冠動脈が突然痙攣して血管が縮み上がってしまい、一時的に冠動脈が細くなる病気です。アジア人に多いと言われており、特に明け方に発作が起こりやすい方が多いです。
  • 夜、横になって寝ると息苦しい:心不全が進行すると全身に肺に水が溜まります。夜横になると体の末端の水分が肺に集まってきます。これにより息苦しい症状が出てきます。さらに進行すると寝ていられなくなり、座ったままで夜を明かすこともあります。そのような際は循環器の専門医にご相談ください。
  • 動悸がする、脈が速い、乱れる・脈が飛んだりする・脈が遅い:心臓は常に一定のリズムで拍動していますが、運動をしていないのに突然脈が速くなったり、逆に極端に脈が遅くなったり、脈のリズムが乱れたりすると不整脈が出ている可能性があります。不整脈の診断は心電図を突必要があり、循環器科にご相談ください。
  • ふらふらとめまいをしやすい、気を失った(失神)ことがある:失神の原因として多いのが脳に血液が行かなくなる状況があります。脳に血液が行かなくなる状況は色々な病気で起こります。一時的な失神で、短時間で意識が戻る場合は、自律神経失調や不整脈(極端に脈がゆっくりとなる)が考えられます。
  • 血圧が高い、薬を服用してもなかなか下がらない:加齢やそれに伴う動脈硬化での高血圧がほとんどですが、まれに血圧を上げるホルモンが異常に分泌している病気が隠れている場合があります。原発性アルドステロン症や褐色細胞腫、腎動脈狭窄症といった病気であり、もとの病気を治療することで高血圧が治ることもあります。
  • 足のむくみが気になる:足のむくみは様々な原因で起こり、単に長時間立っていただけれも起こります。一方で心不全や腎機能障害、静脈血栓症、甲状腺機能低下、ビタミン不足でも起こり、その場合は治療が必要となってきます。
  • 健診の心電図で異常を指摘された心臓の雑音を指摘された:健診で指摘される心電図異常の多くは経過観察可能ですが、なかには専門的治療が必要な不整脈が隠れていることがあります。心電図異常を指摘された際は循環器専門医にご相談ください。
  • 健診で心臓の雑音を指摘された:聴診で心臓の雑音が聞こえた場合、心臓弁膜症の可能性があります。心臓には4つ部屋(右心房・右心室・左心房・左心室)があり、心室の入口、出口には弁(扉のようなもの)が付いています。心臓弁膜症はこの弁の調子が悪いものをいい、開きが悪いのか?閉じが悪いのか?またどの弁に問題があるのか?によっていくつか種類があります。心臓超音波検査である程度のことが評価できますが、血液検査や心電図も必要であり、場合によっては専門の病院での精密検査がいることもあります。
  • 高血圧や糖尿病、コレステロールが高くて動脈硬化が心配:高血圧、糖尿病、コレステロール高値の状態を放置すると動脈硬化が徐々に進行します。残念ながら一度進んでしまった動脈硬化を元に戻す薬は現在はありません。緊急性が高いものではありませんが、昔と比べて良いお薬もどんどん開発されています。ぜひご相談ください。
  • 家族や親戚に心臓病の方がいて、自分も心配 です:心臓病の全てが遺伝するものではありませんが、影響を受けるものもあります。例えば糖尿病などは遺伝的影響が言われており、コレステロール高値も家族性があるものもあります。糖尿病やコレステロール高値を遺伝的に引き継いでいる方は心臓病にならないように早めにご相談ください。

主な病気

狭心症

動脈硬化などが原因で冠動脈の血流が十分でなくなると、心臓が酸素不足となり、痛み、圧迫感、絞扼(こうやく)感(しめつけられる感じ)などの胸部症状が現れます。ちょうど心臓の筋肉の筋肉痛のような状態です。このとき、心筋の細胞は失神した状態にあります。これが狭心症の発作です。

最初のうちは、心臓がたくさんの酸素を必要とする運動時だけに症状が出ることが多く(労作性狭心症)、筋肉痛のように休むと治まることが多いのですが、病気が進行すると安静時にも症状が現れるようになります。

また、狭心症の中には、冠動脈に動脈硬化がなくても、冠動脈自体が痙攣・収縮(攣縮=れんしゅく)し血流が悪くなり、狭心症のような症状が出る場合があります。このような状態を「冠攣縮性狭心症」といいます。これは血管の中は動脈硬化によって細くなっていないことが多いので、血流の低下(発作)は運動時・安静時に関係なく起こります。特に朝方の発作が多く、「朝方胸が痛くて目が覚めた」という患者さんが多くいらっしゃいます。

胸部症状を自覚するときには、早めに検査を受けることが大切です。

心筋梗塞

動脈硬化で冠動脈の内腔が狭くなったところに、急に血液の小さな塊(血栓)が詰まって血管を塞いでしまうと、酸素が供給されなくなった心筋がダメージを受ける心筋梗塞が発症します。梗塞とは細胞が”窒息死”した状態のことを言うので、心筋細胞が窒息死することを心筋梗塞といいます。

弁膜症

検診等で心臓に雑音がある、労作時の呼吸苦、かぜ様症状、下肢のむくみ、全身倦怠感などの症状。時に失神発作などで発見されます。治療は、軽症~中等症までは、薬物治療(利尿剤、強心剤)が中心となります。しかし、病状が進んでくると、徐々に心臓の筋肉(心不全や不整脈)や腎臓、肝臓の機能など全身の臓器を障害して進行し、お薬ではコントロールできなくなり、手術が必要となります。

心不全(心筋症など)

うっ血性心不全とも言われる心不全とは、心臓が全身に必要量の血液を送り出すことができなくなった状態を指します。動脈を通じての全身への血液供給や静脈から心臓への血液の汲み上げが障害されるため、疲れやすい、顔・下肢がむくむ、食欲がなくなるなどの症状がおこります。また、多くの場合、肺に血液が滞り、肺での酸素交換が障害され、軽作業でも息切れを感じます。

閉塞性動脈硬化症

動脈硬化症とは「動脈がかたくなる」ことです。動脈がかたくなると血管の中がせまくなったり、詰まったりしてしまい危険な状態に陥ります。血管の内側がせまくなると必要な酸素、栄養がいきわたらず、臓器や組織が正しく機能しなくなります。さらに血管が詰まると臓器や組織に血液が流れず、壊死してしまうこともありますので注意が必要です。

不整脈

心臓は通常1日10万回程度、規則的に拍動し、全身に血液を送っています。不規則に心臓が動いてしまう状態や、正常な範囲を超えた心拍数になる状態を大きくまとめて不整脈と言います。

不整脈には多くの種類があり、放置してよいものから、無症状であったとしても命に関わるような危険なものまで、さまざまです。

心房細動という不整脈は脳梗塞を引き起こす可能性があり、正しい診断と治療が必要です。